中学受験を乗り切る勉強方法

科目別!中学受験の勉強法

国語の勉強は語彙力を伸ばすことも肝心

中学受験の国語の攻略には「語彙力(ごいりょく)」がとても大切です。

国語の文章を読んでいると、知らない言葉が出てきたり、意味がよく分からない熟語が出てくると思いますが、これを「いかに他の人より理解して回答できるか」が点数に差を付けます

ただ漢字を書けるようにするのではなく、その意味も一緒に覚えましょう。

また、本を読むときは少し難しいレベルの本を読み、ゆっくりと意味を調べながら読んでみましょう。

算数は計算力と応用力が物を言う!

受験レベルの算数を解くためには、自分が知っている知識を応用し、さらに正しい回答を導くことが必要です。

どうしても公式の暗記に気を取られてしまいますが、「こう解く」という解き方だけを覚えるのではなく「なぜそう解くのか」という考え方まで学ぶのがコツです。

算数の「なぜどうして」が分かると、別の問題への応用が行いやすくなります。

理科は原理を理解することが突破口

理科の勉強は実は算数と似ていて「なぜ、どうして」を覚えることがとても大切です。

自然のことを勉強する科目である理科は、必ず起こることに原理や原則があります。

つまり、「なぜそうなるのか」が分かれば、同じ問題や似た問題を解くことも、少し難しくなった問題を解くことも簡単になるのです。

また、原理や原則を覚えると暗記するよりも記憶に残るので、答えを覚えてしまうよりきちんと身につきます。

社会の暗記はコツコツと

年号や名前の暗記、なかなか覚えられなくて後回しにしたくなりませんか?

でも社会の勉強を攻略するためには、少しずつコツコツと身につけていくことが大切です。

また、社会は今までの歴史なので、起こった事柄の背景には必ず物語があります。

単に年号と名前だけを覚えるのではなく、お話を読んでいる様な感覚で、全体の流れをつかむようにしましょう。

家での受験勉強を楽しくする方法

タブレット学習で楽しく覚える

受験勉強をしていると、どうしても「つまらないな」と感じてしまうものです。

実は、そんな時でも楽しく勉強できると、タブレット学習に人気が集まっています。

タブレット学習の紹介サイト「タブレット学習おすすめ.com」でもあげられている通り、タブレットを使った勉強は、音や動きで楽しく勉強できるように工夫されている

ので、「つらい」「おもしろくない」という今までの勉強から抜け出すことができます。

やってて楽しい勉強なら、自分から進んでやるようになるので、自然と身につき学力がアップするのです。

ドリルや教材をいくつも持ち運ぶ必要なし!

受験勉強対策として、いろんな参考書や問題集がほしくなることもありますが、たくさん買えば買うほど重たくなるので、持ち運ぶのが大変です。

タブレットを使えば、機械1つで国語、算数、理科、社会、英語とすべての強化の勉強を行うことが出来ます。

何冊も買う必要はないので、いつでもどこでも好きな時に、やりたい勉強がはじめられます。

しかも、Z会や学研ゼミなどのタブレット学習なら、自分の解いた問題の正解率や苦手の分析などをしてくれるので、どこを集中的に勉強すればよいのかすぐに分かるのも良い点です。